さつまいもで健康維持

さつまいもと言えば食物繊維ですよね。オークション 初めて

しかし、さつまいもの栄養素はそれだけではありません。軟骨成分

体を元気にしてくれる栄養がたっぷりと含まれています。アイランドタワークリニック

■ 食物繊維 食物繊維が多いさつまいもですが、食物繊維は2種類に分ける事ができます。

水溶性食物繊維はコレステロールを下げる作用があります。

更にナトリウムを吸い取り排出してくれるので、血圧を下げる効果があります。

不溶性食物繊維は腸のぜん動運動を促すので便秘が解消されます。

悪玉菌を吸収してくれるので、腸内環境が整い、体の免疫がアップします。

さつまいもは、この両方の食物繊維を含んでいます。

■ カリウム カリウムは体の余分な塩分を排出する働きがあるので、腎臓に負担がかからず、血管を健康に保ってくれるので、血圧を下げる効果があります。

カリウムは水に溶けやすいです。

さつまいもの場合は、スープの具にしたり、サツマイモご飯にしたり、切らないで丸ごと焼き芋にしたりして食べると、たくさんカリウムを摂取する事ができます。

■ 抗酸化作用がある栄養素 さつまいもには、ビタミンCがたっぷり入っています。

抗酸化作用もあり、細胞や臓器を元気にしてくれ、風邪予防はもちろんの事、心臓病予防、がん予防の効果もあります。

美容効果の期待も高く、お肌を美しく保ってくれます。

ビタミンEも豊富に含まれていて、体の酸化を防ぎ、老化防止になります。

細胞や血管の老化を防ぎ、血圧が上がるのを防ぐ作用があります。

さつまいもの皮にはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があります。

紫いもに関しては、ポリフェノールの一種で、活性酸素の働きを抑制するアントシアニンが豊富に含まれています。

このように、さつまいもは、美味しいだけでなく、体を強くしてくれる栄養素がたっぷり入っています。

腸をスッキリさせ、細胞や血管が元気になる、素晴らしい野菜です。

Link

Copyright © 1996 www.slcf4christ.org All Rights Reserved.