www.slcf4christ.org

カードローンなどの返済方式というものは会社それぞれでかなり差異というものがあっていろいな方式がとられています。基本的なところではスライド方式やリボルディング払い法が多いみたいです。そしてかくのごときほとんどの人が知っているリボルディング払いですが実を言えば勘定手法には多くの方式があったりするのです。そして其の手法により支払トータルが異なってきてしまいますから理解することで損することはないと思います。では簡単にこの2つのメソッドのギャップに関して説明します。はじめは元金均等払い、二つめは元利均等払いというものです。両者はその名を冠する通り、元本について一様にして払っていくという方式と元金と利子についてあわせて一様に払っていくという方式です。この場ではもしや10万円をキャッシングしたとしどのような勘定をするのかやってみましょう。利子をどっちも15%と仮定し試算します。更にリボルディング払についての返済は1万円と設定して考えます。はじめに元金均等払いからいきましょう。かかる事例のはじめの返済は1万円に対して金利分の1250円を加えた返済になります。2回目の引き落しは1万円に対して利子の1125円を加算した引き落とし額となるのです。こういうふうにして全10回で支払を終えるという方法となります。他方元利均等払いというのははじめの引き落しは1万円ですが元金へ8750円、利率へ1250円と言うように分配します。その次の支払については元金が8750円減った状態にて利子を算定し、その1万円から更に分配するのです。別のことばで言えば、元利均等払いの事例は10回で引き落しが終了しないといった勘定になってしまいます。たったこれだけの相違で両者がいかに変わってるのかということが十分ご理解頂けたと思います。元利均等とは元金均等に比肩して、元が減少するのが遅くなっているという不具合というのがあったりするのです。即ち金利といったものを余計に払うといったことになるのです。他方、初回の支払が少額ですむと言う強みというものもあったりします。こういった返済手法などのずれに連動して支払合計金額というものが変わってくるので自分の好みに合致する方針をするようにしてみてください。

Link

Copyright © 1996 www.slcf4christ.org All Rights Reserved.