www.slcf4christ.org

自動車の世界では、燃料をガソリンやディーゼル油などの化石燃料に頼らない自動車の開発にしのぎを削っています。電気自動車、水素自動車、ソーラー自動車などさまざまな自動車が開発されています。その中でも現在主流の自動車は、ハイブリット車といわれる自動車で、電気とガソリンと両方で走行できる自動車が、爆発的に増加しています。この理由として、ガソリンに頼らない自動車は、走行距離が短い、開発費用が桁違いに高い、パワー不足などさまざまな欠点があるため、それらを克服するまでの間は、燃費が良く、走行距離が飛躍的に伸びるハイブリット車に任期が集中しています。 これをバイクの世界で見て見ると、バイクは自動車と違い、燃費が数倍も良いので、無理にガソリン以外で走行できるバイクを開発しなくても良いという事実があります。 バイクで主流の250ccから400ccの間のバイクで、燃費はリッターあたり30kmから35kmの間です。この燃費は、ハイブリット車の燃費よりも良いので、バイクはエコな乗り物だと思います。 これが原付となると、まだまだ燃費は良くなり、最高リッターあたり113kmの原付もあります。エコカーで自動車は盛り上がっていますが、バイクはガソリンエンジンでも、エコを達成している乗り物です。 

Link

Copyright © 1996 www.slcf4christ.org All Rights Reserved.