www.slcf4christ.org

予期せず、突発的に出会うのが車の事故です。そこでどんな対処するかにより、自動車の保険金の受け取り額も相当大きく異なることもありますので適切な考えと行動力が不可欠です。思いつきもしないケースに出会って気が動転してしまうと大切な事を見逃してしまい先々大損を被る時も想像できるので車の事故をした場面では正しく次に述べる判断を行いましょう。車の事故を起こしたケースでまずしなければいけないのが負傷した方の状況の確認です。事故後は虚脱状態になってしまう状況がありすぐに行動できないのが通常です。なので、怪我人がいたら安全なところに運んで応急処置を行って119番通報する等救助第一を心掛けましょう。119番に連絡する時は的確な場所を知らせ分からない場合は付近の有名なデパートや番地名を伝えて事故の現場の住所を特定できるようにします。その後で警察に連絡して、交通事故が起こった事また簡単な状況を話します。救急車とパトカーの到着を待つ間に怪我人のことを確認します。姓名、住所、電話番号、免許証、相手側の保険会社のような自分だけでなく相手の身元を教えあいます。その場面で事故の相手に過失があるような場合はその場でやりくりしようとする状況が考えられますがすぐに解決するのではなく、どのようなケースだったにせよ110番や自動車の保険会社知らせて、きちんと判断してもらうようにしましょう。それぞれの情報を交換したら交通の障害になるのを避けるために障害になる物を道路の上からどけます。万一妨げになった物が他人の邪魔となっている状態では、各々の情報交換をするより早くこれを終わらせてしまっても問題はないはずです。その後あなたが加入している保険会社に知らせ自動車の事故が起きた事を報告します。自動車での事故から一定期間の内に保険屋さんに電話しておかないと保険の適用外となることも想定されますので可能な限り時をおかずに電話をすることが大切です。また事故の現場の手がかりとしてデジカメや携帯等を用いて事故現場やマイカーの破損箇所の写真を撮っておきます。その証拠写真は過失がどのくらいあるのか決定する時にかなり重要な証明とできるので、自らの車や相手方の自動車の故障個所を全てカメラに残しておくことが大事です。この場面で他の人がいたら警察の人や自動車保険会社が駆けつけるまで事故現場に待って頂けるようにお願いするのも重要です。

Link

Copyright © 1996 www.slcf4christ.org All Rights Reserved.